プロフィール

billet

Author:billet
楽しい趣味の事を書きながら、それに伴う色々なアイテムを紹介していきたいと思います。

リンクにて色々な体験記やおすすめアイテムなども紹介しております。ぜひご覧ください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
↓クリックしてね!
最近気になるアイテム
iTunesでミュージック
 iTunes Store(Japan)
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライランタン♪

バタフライランタン(中国製)
これは加圧式のケロシン(灯油)ランタンです。

今回は決して手を出すまいと思っていた中国製のバタフライランタンに手を出してみました(笑)

今まで使っていたLEDランタンに飽きて前回はデイツのハリケーンランタンを導入しました。

試しにフィールドでLEDランタンをメインに吊るしてこれをテーブルの横に灯してみるとなかなか味わいのある夜を過ごせました。
なので調子に乗ってメインで使っているLEDランタンも自然の灯にしたくなり燃料式ランタンを探してみました。(この時点では調べるだけのつもりで)

ハリケーンランタンの燃料が灯油なのでガス、ガソリンは考えず、灯油式で。
探すと当たり前のように欲しくなるのが本家「ペトロマックス」

灯すのに手間がかかり、普段から整備も必要でそれなりのトラブルもあるけど雰囲気は抜群というなかなか趣のあるランタンです。

当然値段もそれなりに高く年に数回の使用のためにうちの奥さんから許しが出る訳もありません。

が、しかし!!

調べてみるとあるではないですか!中華製が!
しかしこれ、新品時のトラブルは当たり前で、初めて灯すまでかなりの時間を要するというマニア向け?らしい。

「これは決して手を出してはいけないやつだ!」と心に決めその場は収まりました。

数週間後…
何気なくランタンを検索していると、中華製ランタンでやはり困っている人のHPを発見。
「やっぱりな~」なんて思いながら詳しく見ているとこの方、そのトラブルをも結構楽しんでいる様子です。
その場でアドバイスしている方々の意見を見てもかなり楽しそう♪

元々嫌いな方でもない私はこれにビビッと引かれてしまいました。

と、言うわけでもう一度調べてみました。
中華製のパクリ?ケロシンランタンだとシーアンカー、金球牌、バタフライなどを見つけましたが見た目の違いが判りません^^;
どれも同じ??
でも本物と見た目は似ている、構造は同じ、もちろん作りのクオリティーや材質はまったく別物でしょうが本物を知らない私には十分そうでした(爆)

で、今回手を出してしまったのがバタフライのケロシンランタン。
ヤフオクでペトロマックスの約六分の一のお値段で発見!
しかもこの出品者さん一台一台をきっちり整備済みとのこと。

奥さんの反対に逆らいこれをポチって二日後に届いたのがこちら。
じゃーん!!
s-IMG_1004.jpg


消耗品や専用の工具、日本語説明書なども付きしかも傘まで付いています。
s-IMG_0999.jpg
s-s-IMG_1016.jpg

塗装のクオリティーはこんなもの^^;
s-IMG_1019.jpg


上部
s-IMG_1003.jpg


操作部
s-IMG_1001.jpg


到着後開封してみるとさすがに付属の工具や本体のプラスチックパーツはおもちゃのようです。
そして点火した形跡はないがタンクの部分が少し灯油臭い。
これはしっかりと灯油の漏れと空気の漏れはチェックしてあるようでした。
よく聞く圧力計の不動もメモリが1まで上がって届いたので問題なさそうでした。

さて問題の点火!

①全体のナットのゆるみなどをチェック OK

②灯油を投入 漏れをチェック OK

③ホヤを外しマントル装着 OK

④マントルをカラヤキするためにヘッドカバーとインナーチムニーを着けずにポンピング んんん??
晴れているのに霧雨が!しかも臭い!!
灯油の臭いだ!
早速トラブル発生か!と思いきや、よく考えるとノズルの上から飛び出しているクリーニングニードルが曲がらないようにと少しバルブを開けニードルを引っ込めていた状態で空気を送った為そこから灯油が噴水のように噴出していただけでした。
灯油のシャワーを浴びながら慌ててバルブを閉めて解決。
ヘッドカバーとインナーチムニーをしっかり付けポンピングをし圧力計を2の位置まで。

⑤予熱バーナー点火!
あれ???点火しない。
本当ならゴーーーとホヤの中で火柱が上がるはず!
何度やっても灯油をふきだす勢いでライターの炎が消えてしまいます。
やっぱこんなもんかと思いながら諦め顔で説明書を見る…
日本語説明書には「予熱バーナーが点火しない場合は…」という項目がちゃんとありました。(なかなか親切)
そこには、1、灯油が十分に入っているか
     2、タンク内の圧力が適度か
     3、ニップルが詰まっていないか
などと書いてある。
よくよく考えてみると、点火テストだけのつもりだったの灯油をちびっとしか入れていない事に気付き少し多めに投入。
そして再度点火!
するとゴーーーという音とともに火柱が立ちマントルのカラヤキも完了。よかった(ホッ)

⑥そのまま90秒予熱して最後にバルブを全開!(どーだー!!)

ポワ~とマントル点灯!

⑦すかさず追加ポンピングで圧力計の2(赤い印)まで上げるとかなりの明るさでした。

やった~^^v
s-IMG_0991.jpg


自分のミスで冷や冷やしましたがさすがに整備してある商品ということで一発で点灯成功です。
中華製ランタン結構楽しめそうです♪
今後の整備は当然必要になりそうですがそれも楽しんでいこうと思います。

これで次のキャンプも楽しみが一つ増えました。

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

billet
billet
楽しい趣味の事を書きながら、それに伴う色々なアイテムを紹介していきたいと思います。

リンクにて色々な体験記やおすすめアイテムなども紹介しております。ぜひご覧ください。
お買い物
電子タバコ Taeco(タエコ)販売館

色彩に影響を与えることなく光量調節KENKOケンコー カメラ用フィルター 72mm PRO-ND8【アウトレ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。